一覧に戻る

スタッフブログ 照明の考え方

こんにちは。
雪のない日が嬉しい野島です。
早く春が来てほしいと思うのは、私だけなのでしょうか。

 

最近、人によって色々な考え方がある、と感じたことをお伝えをしたいと思います。
それは照明についてです。
最近の住宅の流行として「ダウンライト(下写真参考)」を多く設置することがあると思います。
天井をすっきり見せ、掃除が楽、等の利点がありますが、数を多くつけないと部屋全体の照明としては暗く感じてしまう、ことが特徴だと思っています。
私自身は照明にこだわりが少ないので、先述の理由でダウンライトをオススメすることが最近は多いです。(もちろんヒアリングでお客様に好きな照明についてはお聞きしています)
しかしダイニング(食卓テーブルの上)の照明に関しては、色々な意見を聞きました。
比較対象に挙がったのはペンダントライト(下写真参考)というものです。
・ペンダントライトの方がデザインが多く、部屋のアクセントとして利用できる
・テーブル付近で明りが取れるので、テーブル上で暗がりが生じにくい
・子供が勉強をダイニングテーブルでする際の明りとして利用
・部屋全体の照明の色が白色でも、ペンダントライトなら電球色(オレンジ色?)に変更ができる

(電球色の方が食事がおいしく見えるそうです)
簡単にまとめると以上のようなものでした。
照明一つで住宅の雰囲気、生活スタイルが変化する場合もあります。
どれが正解でどれが間違いと言うことではなく、様々な利点を知った上で照明を選ばれることによって、後悔の少ない家づくりができるのかもしれませんね。
最後まで目を通していただきまして、ありがとうございました。

 

エコ健康住宅“ZERO” 野島建設株式会社

代表取締役社長 野島比呂司

ダウンライト照明
ダウンライト 富山 注文住宅

 

ペンダントライト照明
ペンダントライト 富山 リフォーム

一覧に戻る